後悔しない家造りができる注文住宅がベスト

明るく断熱性の高い住宅

住宅

日本での需要の高まり

日照時間が短く、寒さが厳しい北欧では、屋内で快適に過ごすための工夫が数多く凝らされています。具体的には、屋内に日光を多く取り入れるために、開口部が広くしてあります。日光が多く入れば、その分屋内は明るくなりますし、光が持つ熱で温かくなるのです。また壁や床や天井には、厚みのあるパネルが使われています。厚みがあればそれだけ、屋外の冷気が入りにくくなりますし、屋内のぬくもりも逃げにくくなるからです。パネルは、それ自体に断熱効果のある無垢材で作られていることが多く、さらにその内側には、グラスウールなどの断熱材が入れてあります。これらにより、屋内のぬくもりは一層守られやすくなっているのです。そして現在では日本でも、こういった北欧住宅が積極的に建築されるようなっています。明るく断熱性の高い北欧住宅では、照明器具や暖房器具を多く使用せずに過ごすことが可能となっているからです。つまり省エネ生活ができるということですから、節約や環境のために、北欧住宅をマイホームに選ぶ人が増えているのです。また北欧住宅には、耐震性が高いというメリットもあります。厚みのある頑丈なパネルと、柔らかな断熱材とがあるわけですから、日本の一般的な戸建て住宅と比較すると揺れに強く、倒壊しにくいのです。プレートの関係上、日本では地震が発生しやすいので、揺れから生命や生活を守るためにも、北欧住宅は役立つと言えます。もちろん熱を通しにくいのですから火災にも強く、その点からも注目されています。